未分類

バイナリーオプションの魅力と上手な使い方

投稿日:

バイナリーオプションとは、バイナリー(2つの)という言葉が入っているとおり、二者択一で行うことができるシンプルな投資方法になります。

ある一定期間(時間)の後の価格を予想するだけなど、分かりやすい投資方法であることから、初心者におすすめとされることもあります。

しかしリスク、リターンの双方が高い率であるため、1回に使用する資金の額には注意が必要です。

バイナリーオプションはよくFXと比較されますが、FXは自分の持ったポジションと現在の価格との差で損益が変動し、差が拡大するほど利益もしくは損益が拡大します。

一方バイナリーオプションでは、損失と利益率はあらかじめ決まっており、どれだけ価格差が出ようとも、損失もしくは利益は常に一定となります。

バイナリーオプションの場合、予想が当たった場合にはリターン率はおおよそ7割から9割程度が一般的であり、逆に予想が外れた場合は投資額全てが失われます。

例えば一万円を投資した場合、利益が出た場合は七千円から九千円の間、損失が出た場合は一万円全額が失われます。

このような点から、損失が限定されるから安全な投資とも紹介されることもありますが、1度で全ての投資額を失う可能性もあるため、あまりまとまった金額を1度に投資するよりは、少額の資金を使って何度も繰り返し投資する方が向いている投資法であると言えます。

また利益と損失の額の差にも注目する必要があります。利益の方が損失よりも常に少なく設定されているため、勝率が五割ではトータルでの収益はマイナスとなってしまいますので、いかに勝ちの方を多くするか、もしくは資金管理を行い、勝率の高そうな時に多めに資金を投資するなど、ある程度の戦略性も必要になってきます。

バイナリーオプションによる投資を行う上での戦略についてはいくつかの種類があります。

先ほどFXとは異なると書きましたが、例えば通貨を対象とする場合、その通貨の値動きの分析に関しては、移動平均線やRSI、ボリンジャーバンドなどの有名なテクニカル分析方法が共通して使うことが可能です。

資金管理方法に関しても、他のFXなどの投資と共通する部分はあり、負けた場合に次の投資額をどうするか、どれくらい勝ち続けたら資金を引き出すかなど、資金管理面でも同様の方法を参考にすることが可能です。

バイナリーオプションの業者に関しては、国内以外に海外の業者も利用することが可能です。それぞれにメリット、デメリットはありますが、海外の業者の場合は先進的なツールやサービスが使える反面、入出金が国内業者と比べると少し面倒だったり、信頼できない業者に当たってしまう可能性など、ある程度の経験や見分ける目も必要になってくるでしょう。

-未分類

Copyright© ツールを使って副業お金稼ぎ【マネーバンク極】鹿久保光宏の株式会社 Rafio , 2020 All Rights Reserved Powered by STINGER.